エイサーの街、沖縄市で開催される「沖縄全島エイサーまつり」。

その名前の通り、エイサーがメインのお祭りで、色々な地域の青年団のエイサーを見れることもあり沖縄県民も開催を楽しみにしている人がとても多いです。

今回は、 沖縄全島エイサーまつりが初めて行く人のために見どころをご紹介していきます。

沖縄全島エイサーまつりとは?

沖縄全島エイサーまつりとは、旧盆明けの週末に行われる沖縄を代表するお祭りの1つです。

 

お祭りには、沖縄市の青年エイサーのほか、沖縄県内から選ばれた団体も集結してレベルの高いエイサーを披露してくれます。

 

元々は、エイサーに順位をつけて競いあうエイサーの大会だったそうですが、審査基準に不満を持つ人が増えたことから今のようなお祭りになりました。

 

お祭りは3日間行われ、
1日目が、胡屋十字路周辺でエイサーをしながら練り歩く道じゅねー。
2日目が、沖縄市の青年団がエイサーを披露。
3日目が、沖縄各地から選ばれた青年団がエイサーを披露。

 

沖縄全島エイサーまつりの会場では、エイサー以外にもオリオンビアフェスタも開催されます。

 

入場するときは顔写真の身分証提示が必要になりますが、オリオンビールが安くで飲めて、地元アーティストのライブも楽しめることから、夕方以降になると入場制限がかかることもあるぐらいとても人気。

 

また、会場内には沖縄名物のタコライスやA&W、やぎ汁から沖縄そば、ビザやケバブなどアメリカンな食べ物と色々売っているので県外から来た方はぜひ食べてみてください。

沖縄全島エイサーまつりの見どころと楽しみ方!

沖縄全島エイサーまつりの見どころといえば、 1つの場所で色んな地域の青年団のエイサーを見ることができるという点です。

 

普段なら、旧盆など各地域のお祭りに参加しないとその地域のエイサーを見ることができませんが、沖縄全島エイサーなら、会場に行けば色んな青年団のエイサーが見れます。

 

それも最終日の3日目は、選ばれた青年団がエイサーを披露するので踊りのレベルが高い。

 

太鼓や腕をあげるタイミング、ぴったり揃って歩く行進、迫力ある掛け声など、個性豊かなちょんだらー(顔を白塗りした人)、どれもとても素晴らしいです。

 

最近だとポップな曲を入れて独自の踊りをする創作エイサーも増えているので、エイサー初心者の方も楽しみやすいですよ。

沖縄全島エイサー祭りの混雑はどれくらい?

気になる混雑具合ですが、初日の道じゅねーは平日の夜にも関わらず、かなりの人でにぎわっています。

 

道路を封鎖して道の真ん中でエイサーを披露してくれるので、迫力あるエイサーが見れると好評。

 

胡屋十字路の場所がわからないという方でも、その周辺を歩いていると道じゅねーをしている場所にものすごい数の人が集まっているのでわかりやすいですよ。

 

そして、2日目と3日目の会場の混雑具合ですが、日中はそこまで人は多くなくて席を確保しやすいですが、日が暮れた頃になると続々と人が増えてきます。

ウチナータイムですね(笑)

 

ちなみに私もいつも18時過ぎに会場につきますが、歩けないほど人がいるという感じではありません。

 

1番前は流石に無理ですが、ちょっと後ろぐらいなら席も確保しやすいです。

 

私の友人は大のエイサーファンなので、開催時間前には会場入りしていい席を確保しているそうです。すごいですね。

 

会場内には屋台もズラズラと並んでいますが、やはり夜の方が人が多くて買うのに時間がかかってしまうので、混み始める前に買っておいたほうがいいでしょう。

 

また、トイレも数カ所設置されていますが、終わりが近づくと女子トイレは混雑するので、先にすませておくか飲み物をひかえておいたほうがいいです。

 

沖縄全島エイサーまつりは花火の打ち上げで終了となるので、だいたいの人は花火が終わると当時に駐車場向かって歩き始めます。

 

臨時駐車場に停めた場合は、シャトルバスを待つ必要があるので、乗る人が多ければ多いほどバス停で待つ時間が長くなります。

 

なので、混雑を避けるためには、花火が上がっている間には、会場から出ておくか人が少なくなるまで会場で待っているかのどちらかがいいです。

 

ただし、シャトルバスの場合は運行の終了時間が決められているので気をつけてくださいね。

まとめ

初日の道じゅねーから始まり、県内各地から選ばれた青年団によるエイサー、レーザーショーや打ち上げ花火と、予定があえば3日間全て参加したくなるぐらい魅力いっぱいの沖縄全島エイサーまつり。

会場でみるエイサーも迫力があり見ていてとても楽しいですが、沖縄の文化を肌で感じるのなら道じゅねーに参加するのもいいです。

沖縄市の夜の街を練り歩きながらエイサーを披露する道じゅねーは、旧盆と沖縄全島エイサーまつりでしか見れない光景なので、楽しめること間違いなしです。

また屋台では、沖縄フードやアメリカンの食べ物まで揃っているので見ているだけでも面白いですよ。

沖縄旅行に行く際は、沖縄全島エイサーまつりの時期に合わせてみてはどうでしょうか。