「加古川花火大会2018を見るのにおすすめな場所や穴場ってどこ?」

 

加古川の花火大会は、神戸や大阪の大都市の花火大会に比べると、上がる花火の数などでは劣るかもしれません。

 

ですが、なんと言っても川の中州から打ち上がる花火を間近で見ることができるド迫力の体験がとても魅力的なんですね。

 

河川敷にいると花火が打ち上がる瞬間は、地響きのような振動が身体に伝わってくるのも、迫力満点です。

 

こんな臨場感あふれる花火大会は珍しいんじゃないでしょうか。

 

でも、とにかくすごい人だし車両禁止になるしだし、ちょっと車で会場付近に近づくのは難しいです。

 

という訳で今回は「加古川花火大会2018おすすめ場所と穴場8選!時間・屋台なども紹介!」をご紹介させて頂きます!

 

<この記事で分かること>

● 加古川花火大会で見えるおすすめ場所

● 加古川花火大会の穴場について

● 加古川花火大会の屋台の時間、日程

加古川花火大会2018で綺麗に見えるおすすめ場所5選!

という訳でさっそく加古川花火大会2018がキレイに見えるおすすめの場所を5つピックアップしてご紹介させて頂きますね。

加古川花火大会は川の中州から花火が上がるので、河川敷から見るとものすごい迫力なんですよ!

加古川花火大会を見るおすすめ場所1.加古川橋周辺


加古川橋周辺の河川敷並びとなるので、視界が開けていてとても綺麗に花火を見ることができます。

360度の角度からみえるため、どこからでも綺麗に見えちゃう場所なのでおすすめです。

加古川花火大会を見るおすすめ場所2.加古川バイパス北側周辺


こちらも河川敷沿いになりますが、少しだけ端っこになるため人が少なめな場所なんです。

でも河川敷沿いになりますし、とても綺麗に整備されているため、すごく快適に綺麗に見えるんですよ!!

ちょっと人が少ないとは言っても、早めに行って場所取りはした方がいいです。

同じように考えておられる方、結構たくさんいらっしゃいますので^_^;

食べ物は屋台が近いので調達しやすいというのも、ポイントが高い場所です!

加古川花火大会を見るおすすめ場所3.イオンタウン加古川


打ち上げ花火会場に近く、河川敷沿いにあるお店なので、屋上駐車場から綺麗に花火を見ることが出来ちゃいます!

この場所のメリットはなんと言っても駐車場とトイレの確保ですね。

駐車場は早い時間に行けば駐車することができますし、トイレもあるため小さなお子さん連れや車で遠方から来られる方には嬉しいですね。

加古川花火大会を見るおすすめ場所4.日岡山公園


日岡山公園は、駐車場があるため車で参加される方にお勧めです。

会場から1キロのところにあるため、ちょっと遠いかなと思われがちですが、河川敷に近い公園のスポットに場所とりをするととても綺麗に見ることができますよ!

すごく広い公園なのでどこにしようか迷ってしまいますが、河川敷に近い側を目指しましょう。

加古川花火大会を見るおすすめ場所4.有料観覧席

河川敷緑地テニスコートにある有料席を、事前に購入しておくと、特等席で大迫力の花火を見ることが出来ちゃいます!

1席1000円で、事前にコンビニで購入することが出来ちゃいます。

ただ、700席限定なので狙っている方はできるだけ早く席を確保するのがおすすめですよ

加古川花火大会でゆっくり見れる穴場3選

次に加古川花火大会をよりゆっくりと見て楽しむ事のできる地元民おすすめの穴場をご紹介させて頂きます、

加古川花火大会は車で会場まで行こうと思うと、会場周辺が広範囲にわたって交通規制になっているので大変です。

だから、車を駅前の駐車場に停めて…と思っても、ほとんどのパーキングが満車で埋まってしまいます。

例え駐車場に車を停めることが出来たとしても、行きはもちろん帰りなんて特に大渋滞で、帰宅時間はかなり遅くなります。

なので加古川花火大会をゆっくり見れる穴場で見たいという方、そんな方は加古川のお隣の高砂市や、ちょっと離れた穴場に着目してみてはいかがでしょうか。

加古川花火大会を見れる穴場1.しまむら高砂米田店


意外にこの店舗の駐車場から見えちゃうんですね。

でもしまむらに買い物にきておられる方も沢山いらっしゃるので、積極的に見に来ました!という感じは良くないです。

他の利用者の方の迷惑にならないようにしましょうね!

ただとにかく遮るものがないため、キレイに加古川花火大会を楽しめますよ。

加古川花火大会を見れる穴場2.ヤマモトヤシキ加古川


駅前にあるヤマトヤシキの屋上からもよく見えます。

でもこの場合は屋上がビアガーデンとなっているので、事前にビアガーデンの予約をしてからの利用となります。

予約開始日と同時に予約しなければ、予約を取れないという人気ぶりです。

ビールを片手に綺麗な迫力満点の花火を見るというのもまた楽しめますね( *´艸`)

加古川花火大会を見れる穴場3.平荘湖


ここは地元の人も多く行く穴場です!平荘湖は貯水池なのですが、南側から加古川を望むと、大迫力で綺麗な花火をゆっくり見ることが出来ちゃいます。

カメラに花火をおさめたい方が沢山場所取りをしているので、できるだけ早く場所は取りに行った方がいいかもしれませんね。

トイレもありますし、駐車場もあるため利用しやすくていい場所ですよ!

加古川花火大会2018年の時間と屋台について

加古川花火大会は、毎年7月下旬から8月中旬まで行われている加古川まつりの一つのイベントとして行われています。

 

加古川花火大会は毎年8月の第一日曜日に行われることになっていて、2018年は8月5日(日)です。

 

開催時間は「19:30~20:45」となっています。

 

加古川花火大会は、開催時間がきっかり始まるという評価の高さもあるんですよ(*^_^*)

 

天候が荒れた場合には、中止となるので晴れることを祈るしかありませんね!!

 

加古川花火の際には、屋台もたくさん並びます。300近くのや屋台が並ぶわけなので、大賑わいですよ(*^_^*)

 

加古川を挟んで両岸に屋台が出ていますが、緑地公園がある岸の方がずらりと沢山の屋台が並びます。

 

屋台の内容は、オーソドックスなベビーカステラや牛串、焼きそば、綿あめ、クレープ、冷やしパインなどを始め、飲食系の屋台が連なります。

 

珍しいものとしては、黄金オムレツフランク、黄金ひるぜん焼そば、はしまきなどが挙げられます。

 

屋台はお祭りの醍醐味ですが、ちょっと高いなとか予算を気にせずガッツリ食べたいなという場合には、地元の人は近くのスーパーだったりニッケパークタウンで食べ物を購入して食べながら場所取りをしたり、花火をみたりしていますよ!

 

私もニッケで購入してからがっつり場所取りしながら食べました(笑)

 

屋台の時間は16:00~から出店していてかなり遅い22時頃まで明かりがついています。

 

なのでぜひ花火と一緒に屋台も楽しんでくださいねー!

まとめ

加古川花火大会は、地元では有名な花火大会で、水面に映る花火がまた最高に綺麗です!
私は自転車に乗って河川敷まで行きましたが、花火が打ち上がるたびに地響きがするような大きな音にゾクゾクしました。花火を見上げると、まるで花火が上から降ってくるような迫力でしたねー(*^_^*)
どうしても車で行く場合には、ちょっと離れたスポットに行くか、朝から現地入りして駐車場を確保するくらいの気持ちでないと、なかなか思うように駐車できないかもしれませんのでご注意ください(‘ω’)ノ
彼女と素敵な花火デートをお過ごしくださいね!