「学校を休ませる基準って?風邪でも熱がないなら行くべき!?」

 

朝の忙しい時間に、ふと気が付くと子供が咳をしていたり・・・鼻をかんだりしていると、ちょっと胸がザワザワする瞬間、ありませんか?

 

慌てて熱を測ってみると熱は無いんだけど、いつもはしない咳が聞こえて風邪っぽい。

 

ちょっとだるそうな姿を見ると、「学校休ませる?どうしよう?」と迷いますよね(+o+)

 

特に小学生は授業に遅れるのも心配ですし、旦那から休ませると色々言われたりもします。

 

「ただの風邪で学校休ませるのはいいの?」

「熱は何度なら休ませていいのか?」

「一般的な学校を休ませる基準って?」

「風邪くらいで欠席したら休み癖つくか?」

 

と色んな思いが渦巻きます。

私も始めは速攻スマホを手に取り、「熱が無い / 学校 / 休ませる基準」で検索しまくっていました。

 

世のお母さんはどうやって基準を決めているんでしょうか?

 

という訳で「学校を休ませる基準って?風邪でも行くべき?熱が何度なら休むのか?」をご紹介させて頂きますね!

 

<この記事で分かること>

● 学校を休ませる基準について

● 風邪でも学校へ行くべきか

● 授業に遅れるかどうか

学校を休ませる基準って?熱が何度で休む?

それでは早速、学校を休ませる基準についてご紹介させて頂きます。熱が何度くらいで世のお母さんたちは休ませているのでしょうか?

 

ずばり、学校を休ませる基準は「37.5度以上熱があるかどうか」という意見が最も多いです。

 

そう割り切った方が、こちらも休ませやすいというお母さんが多いですね。

 

まず、、いざ熱を測ったら37度。
「37度あったらもう熱じゃない??」となりがちですが、お子さんの様子をみてみてください。

 

鼻水、くしゃみはおいといて・・・話す様子などは元気じゃないですか?もしくは午後になると元気になったり・・ってパターンも多いです。

 

もともと子供は体温が高いですし、うちの子の平熱も36.6度なので、37度あっても別に熱とはとらえていません。

 

なので37.5度以上発熱が無ければ学校へは行かせるというお母さんが多いみたいですね。

 

ですので、まずお子さんの平熱をまず把握しておくのがおすすめですね。

 

ちなみに、私はかかりつけの小児科の先生からも、「小学生までは37.5度以上が発熱!」とはっきり言われました。。^^;

 

特に一日の中でも時間帯や、気温によっても子どもの体温は変わってきます。

 

ちょっと子供の身体が熱いなと思って熱を測ったら、38度あって慌てて病院へ行ったけど、待合で熱を測ったら36度台で逆にちょっと困ったなんて経験のある方もいらっしゃいませんか?

 

症状が熱発だけで元気な場合、一度服を脱がせたりワキの熱を逃してから測り直したら、実は平熱だったなんてこともありますしね。

 

ですので、やはり微熱の37.5度の熱を一定のラインとしているお母さんが多いですよ。

 

ただし、口を聞くのもしんどい、喘息などの持病持ち、食欲もない程ぐったりしているようならまず、遅刻にして病院へ行ってから学校へ行かせる方が良いですね。

 

全てのお子さんに「37.5度からが発熱で休ませる基準」に当てはまるわけではないので、子供の普段の平熱、食欲、話す様子なども考慮して判断していきましょう。

風邪でも学校は行くべき?熱がない時の判断は?

次に熱がないけど風邪をひいてしまった場合・・学校は行くべきでしょうか?ご紹介させて頂きますね。

 

一般的には熱がないのであれば、風邪でもマスクをして学校へ行かせるという親御さんが、とても多いです。

ちなみに、我が家もそうですね・・。

 

正直、風邪の症状がひどい気がして、熱がない時の判断って、すっごく困りはします。

 

毎度私も咳や鼻をかむ音に反応しながら連絡帳片手に、子どもの登校時間ギリギリまで悩みますね。

 

でも、お腹が痛いという場合には、我が家はとりあえず遅刻にしておいて、お腹の痛みが落ち着いたら行かせます。

 

鼻水やくしゃみ程度では周りのママさんもティッシュを制服の両ポケットにパンパンに入れて登校させたりしています。

 

なのですぐに欠席というよりは遅刻させて様子を見たり、できるなら途中で早退させる・・というのが多いですね。

 

もしも風邪の症状があって、それが気になるような場合は、連絡ノートに「咳がひどい」「腹痛がある」といったことを書いておきます。

 

すると学校からも「注意してみておきます」といった返事を書いてくださっていたり、本人も先生が何度も気にかけてくれたと、安心できますしね。

 

ただ、やはり子供の普段の様子や持病によっても変わります。

 

うちの子は喘息を患っていうので、風邪による咳がひどい場合には、授業に集中できそうもないので休ませました。

 

特にその時は、ずっと咳をしていましたし、ご飯を食べようとしても咳で食べられず吐きそうでしたし、他の子の迷惑にもなっちゃいますからね。

 

その場合は一日自宅での様子をみて、大丈夫そうだなと思ったらマスクをさせて翌日行かせますね。

 

基本的に風邪の症状では休ませないにしても、お子さんの様子をみながら、その症状がどれだけ重そうかによって、熱が無くても一日様子を見て休ませるのもありですよね。

 

特に喘息など持病を持っていたり、症状が重症化しやすいという場合は、休ませることも時に重要です。

学校を休むと勉強はどれくらい遅れる?

最後に学校を休むと勉強はどれくらい遅れるのでしょうか?という質問に経験談からお答えさせて頂きますね。

 

正直学校を休むと授業は遅れちゃいます。

先日の授業参観で、算数は1回の授業につき2ページ進んでいました。

 

特にその時は、2年生で初めて習う「ひっ算」だっただけに、今日休まなくて良かったと、心の片隅で思っちゃいましたね。

 

小学1年生の時にインフルエンザに罹った際、1週間休みましたが、運悪くお金の数え方がほとんど習えず、毎回届けられるプリントを見て「また進んでる…やばい。」と本人が焦っていました。

 

だから、休んだ後の登校は持ち帰ったプリントをみたり、本人に聞いたりして「分かるようになったか確認」を毎回したりと、学校を休んだ後はアフターフォローがやはり必要です。

 

最終的にうちは休み時間に先生がマンツーマンで教えてもらったらしく、「分かるようになった」と言っていましたし、実際にさせたら出来ていたのでホッとしましたが・・。

 

たとえ小学生でも休むと授業に遅れる事遅れます。ただ、親や先生との協力で取り戻す事は可能です。

 

なので、熱があるのに無理して学校へ行かせる必要はありませんが、ちょっと風邪っぽいくらいなら行かせた方が良いと私は思いますね。

 

ちなみに、もし今日学校を休んでしまいそうで授業の様子などが心配な場合は

 

「休んでいた時のここが分からないみたいで…」なんて連絡ノートに書いておくと、その後に先生も対応してくれますよ^^

学校を休ませると休み癖はつく?

一度休ませると、休み癖がついてなにかと理由をつけて休みたがるんじゃないかなと心配になりますよね。

我が家も小学1年生の時はやたら「お腹が痛い」「行きたくない」「お勉強したくない」ということがよくありました。

 

一番始めは本当にお腹が痛いのかなと休ませたのですが、どうも違うと気づきました。

 

家にいる間は学校から帰ってくる時間まで「テレビはつけない。遊ばない。家庭学習用のドリルをひたすらとく。放課後の時間も家の中」とすると、「学校行きたーい…」と昼過ぎには言っていましたね。笑

 

学校の面談で先生に相談すると、「1年生は何とか学校へ来させるようにして欲しい。この1年を乗り切れば、ちゃんと通えると思いますよ」と先生から声をかけて頂きました。

 

実際、2年生になったら全く休むと言わずに行っていますね。

 

休み癖については「休むといいことがある」と思わせない事が大事かと思います。

 

休んだ時に「今日はいいよ」と昼間のテレビを見せたり遊んであげたり、おやつをあげたりすると、休む事の楽しさを覚えてしまいます。

 

なので休んだとしても、寝るか勉強の2択にするようにしましょう。

まとめ

幼稚園まではちょっと体調が悪くても無理せずに休ませるということがよくありましたが、小学生は授業がありますし、気軽に休ませられませんよね。
本人の状態をどう判断するかは、親御さんによってそれぞれですが、見極めながら1年間を乗り越えましょう!2年生を過ぎると親御さんの中でも、これくらいから休ませようとか基準が出来てきますよ(‘ω’)ノ