「台風でも学校が休みにならない理由はどうして?休みになる基準って?」

 

台風の季節がやってきましたね~。

 

雨、雨、でジメジメしていまいますが学校が休みになる!?なんて期待を抱く人も多いのではないでしょうか。笑

 

しかし、「台風で警報が出ているから学校が休みになるかな?」と思っていたら、休みにならなかったというパターンはあるあるです。

 

逆に「この程度の雨なら学校はあるかな」と思っていたら1日自宅待機になった・・なんてパターンもあります。

 

この季節になると、そんな体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

天気予報を見ていると、「警報」だったり「注意報」だったりと色々な文言が出てきますよね

 

一体、どんな基準で学校は休みになるのでしょうか?

 

という訳で今回は「台風でも学校が休みにならない理由は?基準と休みになる警報を解説!」についてご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

台風なのに学校が休みにならないのはなぜ?

では、台風なのに学校が休みにならないのはなぜなのでしょうか?

 

まず、一番の理由としては学校長の方針によっても学校が休みになる基準がかなり違ってくるからです。

 

例えば徒歩で通うことが多い小学校は暴風警報だけでも学校が休みになることが多いですね。

 

特に午前中に暴風警報が発令されると、通学途中に起こりうる危険を回避するために学校が休みになります。

 

ですが、高校は公共交通機関を利用することが多いため、電車が動いていれば通学可能だと学校ごとに校長が判断する場合があります。

 

注意報では電車が止まることが少なく、通常通り学校がある場合がほとんどですが、大雨警報などの「警報」が出た場合は休みになることがあります。

 

これらの判断は学校ごとにまちまちで、随時校長などが決めているようです。なので、その判断もマチマチとなっています。

 

また、天気予報でよく見る暴風警報や洪水警報などは、かなり広い地域に向けて発令されます。

 

ですので、警報域に含まれていても影響が少ない地域は普通に学校があったりします。

 

なので、せっかく台風で警報が出ていても学校が休みにならない、、という事があるのです。残念。

スポンサーリンク

台風で学校が必ず休みになる基準はコレ!

それでは次に、必ず!絶対に!台風で学校が休みになる基準をご紹介させて頂きますね~~~。

 

◆警報の発令

まず、台風などで学校が休みになる基準は気象庁から出される警報や注意報の発令に準じている場合がほとんどです。

テレビの天気予報などで目にしたことがあるかもしれません。

この「警報」が発令されると、台風に学校が休みになる可能性が浮上します。

でも警報が出ただけじゃ、まだ「必ず休みになる」という話じゃいのです。

 

◆警報が発令された場所

次に大事なのが暴風警報や洪水警報などの警報が発令された場所になります。

 

どの地域で警報が発令されているかが重要な基準になります。

まず第一に、その高校のある市区町村でどれか一つでも「警報」が発令していることが条件になります。

 

そして、あなたの通っている学校がその警報により影響が出るのかどうか?が重要です。

 

◆警報が発令された時間

最後に、、一番の学校が休みになる要素でもありますが、何時に警報が発令されたのかが基準になります。

 

例えば、とある高校の場合

 

7:00時点で暴風警報が発令されたら1時間目の授業はなし
8:00までに解除されれば2時間目から
9:00までに解除されれば3時間目から
10:00までに解除されれば4時間目から
以降は解除されても休校ってなてます。

 

このように学校によって何時までにどの警報が発令されたら休みになる、という基準があるんですね。

なんと、10時まで警報が出ていても途中登校になるパターンがほとんどなんです。泣

なので、台風で学校が休みになるってよっぽどじゃないと、ならないんですよね。普通は。

学校長の判断にもよりますけど、午後に解除されればみんな学校に行かなければならないのが一般的なのです。

 

◆まとめ

高校の臨時休校は上の3つの基準と合わせて、各市区町村の教育委員会や校長が判断する場合が多い様です。

この判断は学校によっても違ってきますので、高校で配られたプリントやHPなどで基準を確認しておく方が安心です。

警報が発令されて、しかも午後になっても解除にならなくて、しかも発令された場所に学校がある、、となればもう休みになるでしょう。

学校が休みにになる警報・注意報をご紹介

学校が休みになる警報は主に3つです。

 

・大雨警報
・洪水警報
・暴風警報

 

この3つの警報の内、1つでも発令されているかどうかで学校が臨時休校になるかが決まります。

これ以外にも大雨注意報、暴風注意報などの注意報でも臨時休校にある学校もありますが、注意して確認したいのは「警報」です。

注意報では基本的には保育園も小学校も登校のあつかいになります。なので中高生も学校へ行かねばならんのです。

中でもとくに「暴風警報」がいちばん休みになりやすいですね。

まぁ、当日、どうなるか分らない場合は、テレビの天気予報などをしっかり確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、台風でも学校が休みにならない理由と基準、休みになる警報をまとめて解説しました。

学校や市区町村によっても基準はまちまちですし、公立と私立の違いもあります。

 

校区が広く、学校周辺は大したことが無いけれども、自分が住んでいる場所は暴風雨だという場合などもあると思います。

 

そういう時は、ある程度自分で判断することも必要になります。

安全に学校に通うためにとても大切なことですので、一度自分の通っている学校の基準を確認しておくと安心ですよ。

スポンサーリンク